斎場選びから予約までの流れ

斎場選びから予約までの流れ

はじめに

急な対応になることが多い葬儀は、何かと慌ただしく、準備に十分な時間を割けません。ですので斎場選びから予約まで、あらかじめある程度把握しておくことも大切。こちらではそのために必要な知識をご紹介します。

一般的な葬儀の流れ

葬儀の流れ(1日単位) 1日目(死亡した日):納棺 2日目:通夜 3日目:葬儀・告別式・火葬(初七日) 基本的に1日づつ予定が組まれますが、納棺から通夜までの日数は斎場やお寺の空き状況、曜日などで変わってきます。 家族・親族を含めよく相談して決めていきます。

葬儀の手順

  • 手順1 死亡確認と死亡診断書の作成
    医師によって死亡診断書が作成され、家族、親族、親しい友人にお知らせをします。
  • 手順2 遺族で葬儀についての相談
    喪主の決定、故人と最も縁が深い人が務めます
  • 手順3 葬儀場の決定
    自宅、葬祭場、お寺など
  • 手順4 遺体の搬送先の決定
    病院から自宅へ運ぶ、もしくは斎場へ直接運ぶなど
  • 手順5 葬儀社の決定
    葬儀をどこで行うかによって選択する葬儀社が異なってきます。サービス内容などを含め、よく吟味しましょう。
  • 手順6 寺へ連絡
    菩提寺がある方はそちらに、もしくは菩提寺と同じ宗派の寺に。分からない方は葬儀社と相談して決めます。
  • 手順7 通夜、葬儀の日程を大まかに決めておく
    最終的には葬儀社やお寺と相談になります。
  • 手順8 遺影の決定
    人柄が伝わり、かつピントずれしていない写真を選びます。
    選んだ写真は葬儀社で画像加工してくれるので、顔がはっきりと映っていれば問題ありません。
  • 手順9 予算の決定
    おおよその香典収入を出し、葬儀の予算を立てます。
  • 手順10 葬儀社へ連絡
    葬儀社へ連絡し、見積もりを出してもらいます。
    見積もりはとくに、葬儀のすべてを葬儀社に依頼する場合に必要です。見積もり書が出たら、何を準備し、何をやってくれるのか、予算との隔たりはないか、すべての項目を注意してみます。
    問題なければ正式に依頼しましょう。

ここまでが死亡診断書の作成から葬儀社への予約までの流れです。
つぎに、葬儀社への依頼から死亡届の提出までをご紹介します。

葬儀社への依頼から死亡届の提出

  • 手順1 遺体の搬送を病院へ依頼(喪主)
    搬送(葬儀社) 喪主は搬送日数の確認をし、葬儀社に故人の氏名、病院名、遺体の搬送先を連絡します。
  • 手順2 退院手続(喪主)
    死亡診断書の受け取り(喪主) 病院へのお礼、精算(喪主)
  • 手順3 遺体安置場所の確保(喪主)
    自宅へ運ぶ場合は布団を用意します。
  • 手順4 遺体の搬送、枕飾り(葬儀社)
  • 手順5 寺への連絡(喪主・葬儀社)
    枕経を依頼、時間を相談(喪主・葬儀社) 来てもらったときに、お通夜、葬儀、初七日の法要の打合せ(喪主・葬儀社)
  • 手順6 数珠の用意(喪主)
  • 手順7 枕経(僧侶)
    お通夜、葬儀、初七日の法要の打合せ(喪主) 戒名の相談(喪主)
  • 手順8 納棺(葬儀社)
    遺体を浄め死装束をつける(喪主・葬儀社) お棺に入れたいものを入れる(喪主)
  • 手順9 友人、知人、職場他に連絡(喪主)
    おつきあいを考え、誰に連絡するかを精査(喪主)
  • 手順10 葬儀日程の連絡(喪主)
  • 手順11 喪服の用意(喪主)
  • 手順12 供花、供物、宿泊先の手配(喪主・葬儀社)
  • 手順13 精進おとしの内容決定(喪主)
    料理の手配(喪主・葬儀社)
  • 手順14 お通夜の僧侶へのお布施を用意(喪主)
  • 手順15 死亡診断書を役所へ持参し死亡届をうけとる(喪主)
  • 手順16 死亡届の提出(死亡日より7日以内)(喪主)
    早目に行う
  • 手順17 火葬許可証の受理(喪主)

斎場選びの基礎知識 関連記事

斎場とは?

斎場選びの基礎知識

そもそも斎場とは何をするところ?
斎場とは葬儀場やセレモニーホールなど、通夜や告別式を含めた葬式が行える施設のことです。もともと日本では自宅が主な斎場でしたが、現代に入ると特に都市部では自宅以外の斎場で葬式を行うケースがほとんどになっています。斎場選びの基礎知識

斎場の選び方いろいろ

斎場の選び方いろいろ

斎場にはいくつか種類があり、その選び方も様々です。斎場選びはそれぞれの斎場の特徴を把握し、メリット・デメリット両面を考慮して最終的に選び出すのがポイントです。斎場選びの基礎知識

サービスや応対で斎場を選ぶなら

サービスや応対で斎場を選ぶなら

サービスや応対などで斎場を選びたい方は、葬儀社について勉強する必要があります。というのも斎場は葬儀社が所有しておらず、地方公共団体の所有物を借りているケースが多いからです。つまり、斎場で受けられる様々なサービスは、葬儀を依頼した葬儀社が行っている可能性が高いのです。サービスや応対で斎場を選ぶなら

斎場選びから予約までの流れ

斎場選びから予約までの流れ

急な対応になることが多い葬儀は、何かと慌ただしく、準備に十分な時間を割けません。ですので斎場選びから予約まで、あらかじめある程度把握しておくことも大切。斎場選びから予約までの流れ

葬儀費用の相場は?適正金額が一目でわかります

葬儀費用の相場は?適正金額が一目でわかります

葬儀費用はその内容によって大きな隔たりが出てきます。またそう頻繁に利用するものでもないのでなかなか費用感がつかみづらい所もあります。葬儀費用の相場は?適正金額が一目でわかります

葬儀の「生前予約」とは?

葬儀の「生前予約」とは?

生前予約は自分自身が、自分の葬儀について、その予算、内容、埋葬場所、費用などを葬儀会社などと事前に相談し、予約しておくことです。葬儀の「生前予約」とは?

最新の葬儀事情を紹介

最新の葬儀事情を紹介

最近はいい意味でも悪い意味でも、昔ながらの葬儀を知らない、あるいは選ばない方が増えています。若い世代の宗教離れもその原因の一つです。そうした時代の流れに従って、新しい「葬儀サービス」が多数生まれています。最新の葬儀事情を紹介

斎場選びのアンケート情報

斎場選びのアンケート情報

最近の葬儀傾向がわかるアンケート情報について、リサーチを行いました。その結果、葬儀に対する人々の考え方があぶりだされ、現代社会における葬儀のカタチが見えてきています。斎場選びのアンケート情報

種類別/斎場のメリット・デメリット

種類別/斎場のメリット・デメリット

斎場の種類によって提供するサービスや特徴が異なってきます。そのため利用する人々にとっては、メリット・デメリットが必ずでてきます。種類別/斎場のメリット・デメリット

寺院・神社・教会を斎場として利用する場合

寺院・神社・教会を斎場として利用する場合

寺院、神社、教会を斎場として利用する場合、葬儀はどのようになるのでしょうか。そもそも葬儀の会場として利用できるのか、ご紹介していきます。寺院・神社・教会を斎場として利用する場合

自宅を斎場にする場合のメリット・デメリット

自宅を斎場にする場合のメリット・デメリット

自宅を斎場にする場合、どのようなメリットとデメリットが発生するのでしょうか。自宅を斎場にする場合のメリット・デメリット

公的施設を斎場として利用する場合

公的施設を斎場として利用する場合

公的施設、いわゆる公営斎場は地方公共団体が運営するいわば「公的な斎場」です。 運営主体が市区町村となるため、利用する場合は亡くなった方、もしくは喪主がその自治体に在住していることが条件となります。そんな特徴をもつ公営斎場について説明します。公的施設を斎場として利用する場合

ホテルを斎場として利用する場合

ホテルを斎場として利用する場合

多くの弔問客を招いたり、個人の社会的な立場から大きな会場がふさわしい場合、ホテルを斎場として利用を希望される方もいらっしゃると思います。こちらではホテルを利用した葬儀について説明していきます。ホテルを斎場として利用する場合

「火葬/直葬」とは?

「火葬/直葬」とは?

通常の葬儀の一部にある火葬ではなく、火葬のみで通夜、告別式を行わない葬儀の方法を火葬もしくは直葬と言います。葬儀に費用を掛けたくない方、高齢でなくなったために弔問客が少ない場合、宗教への信仰心が親族含め薄れてきており、仏式の葬儀にこだわらない方などが利用する傾向にあります。「火葬/直葬」とは?

「一日葬」とは?わかりやすく解説

「一日葬」とは?わかりやすく解説

「一日葬」とは別名、ワンデーセレモニーとも呼ばれ、葬儀・告別式までにかかる時間を短縮し、1日で葬儀をすべて終わらせる葬儀の種類の一つです。最近増え始めた葬儀で首都圏を中心に若い世代に人気となっています。「一日葬」とは?わかりやすく解説

「家族葬・密葬」の説明とその特徴

「家族葬・密葬」の説明とその特徴

「家族葬・密葬」とは、どちらも家族や親族、親しい友人など身内を中心にした葬儀で、近年増加傾向にあります。「家族葬・密葬」の説明とその特徴

「社葬」とは?わかりやすく解説

「社葬」とは?わかりやすく解説

社葬」とは、亡くなった方が生前所属していた会社が費用を負担し、葬儀の運営にかかわる手間や準備などを軽減してくれる葬儀の一つです。一般的には企業の創業者や重役などが亡くなった時や、社員が殉職した時に行われるケースが多いです。「社葬」とは?わかりやすく解説

仏式葬儀・キリスト教葬儀、神式葬儀の違い

仏式葬儀・キリスト教葬儀、神式葬儀の違い

仏式・キリスト教式、神式など葬儀という儀礼自体の方法や考え方の違いをご紹介します。葬儀は宗教的儀礼の一種で、信仰宗教に基づいて行われるのが一般的です。僧侶なしで行われる新興宗教独自の葬儀もあるなどさまざまです。仏式葬儀・キリスト教葬儀、神式葬儀の違い

「生前葬」の特徴をわかりやすく

「生前葬」の特徴をわかりやすく

「生前葬」は生前自ら喪主となり、葬儀社などに自分の葬儀を手配、もしくは自らプロデューサーとなって自分の好みの葬式を行います。葬儀費用も形式にこだわりが無ければ安く済ませられるなどなどメリットが多い反面、家族や参列する方への配慮が必要です。「生前葬」の特徴をわかりやすく

「自然葬」の特徴をわかりやすく

「自然葬」の特徴をわかりやすく

「自然葬」は自然葬では自然循環の中への肉体の回帰という発想で、故人の意思に基づき遺体を埋葬する方法です。具体的には骨を土に埋めたり、海に散骨したりなど自然に返す形をとります。墓石など、人工物を利用せずに亡くなった方を葬る葬儀の形をひっくるめて自然葬と呼ぶことが多いです。「自然葬」の特徴をわかりやすく

人気記事

1位.お布施について

お布施について

お布施とは お布施とは本来は、お寺の仏様に金品などを用いて捧げるものといわれています。 昨今ではお坊さんを呼んだ時の手間賃、又はサービス料というイメージをされる方が多いです。お布施について

2位.最新の葬儀事情を紹介

最新の葬儀事情を紹介

最近はいい意味でも悪い意味でも、昔ながらの葬儀を知らない、あるいは選ばない方が増えています。若い世代の宗教離れもその原因の一つです。そうした時代の流れに従って、新しい「葬儀サービス」が多数生まれています。最新の葬儀事情を紹介

3位.葬儀費用の相場は?適正金額が一目でわかります

葬儀費用の相場は?適正金額が一目でわかります

葬儀費用はその内容によって大きな隔たりが出てきます。またそう頻繁に利用するものでもないのでなかなか費用感がつかみづらい所もあります。葬儀費用の相場は?適正金額が一目でわかります

4位.「火葬/直葬」とは?

「火葬/直葬」とは?

通常の葬儀の一部にある火葬ではなく、火葬のみで通夜、告別式を行わない葬儀の方法を火葬もしくは直葬と言います。葬儀に費用を掛けたくない方、高齢でなくなったために弔問客が少ない場合、宗教への信仰心が親族含め薄れてきており、仏式の葬儀にこだわらない方などが利用する傾向にあります。「火葬/直葬」とは?

5位.種類別/斎場のメリット・デメリット

種類別/斎場のメリット・デメリット

斎場の種類によって提供するサービスや特徴が異なってきます。そのため利用する人々にとっては、メリット・デメリットが必ずでてきます。種類別/斎場のメリット・デメリット

3つのご葬儀